The truth of a heart

ARTICLE PAGE

反比例

PB127855-2.jpg

楽しすぎた過去に反比例して
【今】がとても哀しい

ふり幅が大きすぎて
前に進めない

********************************************

家族同様のわんこがいます。
12年くらい生きてます。
生まれつき障害を持っていて、後ろ足が片足しか動かなくても
元気で走り回ってました。
ある日突然歩けなくなり、それでも長い時間を掛けてリハビリし、
歩けるようになりました。

そして今。
もう立つことすらできません。
目も見えず、耳も聞こえず、それでも私たち家族は生きて欲しいと思い、
病院に連れて行ったりもしました。
それは、わんこにとってどうなんだろう。
生きているのは辛いことなのだろうか。
今日は、もう片目が開かなくなりました。

残された時間はもうわずかかもしれません。

昔を思い出すと、元気で楽しそうに走り回っている姿が目に浮かびます。
二度と戻らないない日々。
楽しすぎた思い出に、今が余計に哀しい。

涙が止まりません。

たかがペット、たかが動物って思う人もいるだろうけど、
私にとってはかけがえの無い存在。

私はその日が来ることに耐えられるのだろうか。
スポンサーサイト
Category: 写真詩【哀】
Published on: Mon,  08 2008 23:45
  • Comment: 8
  • Trackback: 0

8 Comments

dinosauroid  

お気持ちお察しします。。。
つらいですよね、寂しいですよね。
2年前に母を亡くしました。

今思うことは、もっと笑って送って
あげればよかったな
って。
お葬式は結婚式と一緒で
明るくやるべきなんだって。
結婚式と一緒で写真だってたくさん
撮るべきなんだって。

そんなわけで、残されたものは
悲しいですが、感謝の気持ちを
もって送ってあげればいいんだと
思います。

家族同様に育てられた
わんちゃんは幸せだと思いますよ!
今の時間を大事にわんちゃんと
過ごしてくださいね☆

2008/12/09 (Tue) 12:29 | EDIT | REPLY |   

chihiro  

tsukasaさん、こんばんは。
辛いですよね。
でも、最後まで一緒に居てあげて下さいね。家族なんですから。
我が家のウサギ(名をレオンといいます)も既に6歳。
もう、老齢になってきました。
先日、どこかにぶつけたようで、目を傷つけてしまったようです。
そのため、毎週動物病院に通っています。
ずいぶんと回復しましたが、まだ本調子ではない様子。
レオンも家族、早く良くなって欲しいと願っています。

2008/12/09 (Tue) 23:16 | EDIT | REPLY |   

tsukasa  

☆dinosauroidさんへ

こんにちは。

ありがとうございます。
家に帰る度に
「生きてるかな」
なんて不安で、スースー寝息を立ててる姿を見てほっとしている毎日です。

限りある時間をわんこと出来るだけたくさん、一緒の場所にいて過ごしたいと思っています。

2008/12/10 (Wed) 12:14 | EDIT | REPLY |   

tsukasa  

☆chihiroさんへ

こんにちは。

ありがとうございます。
ウサギさんですかー?!
可愛いでしょうねー♪
ふわふわなイメージがあります。
ペットだけど、ペットと呼びたくないくらい、その存在は家族なんですよね。
早く良くなりますように・・・。

2008/12/10 (Wed) 12:16 | EDIT | REPLY |   

adieu  

はじめまして

すごく辛いですね・・
ボクも以前、家猫がいました。
そうですもう過去形になってしまいました。
ウイルス性の病気だったのですが医師に診てもらったときには
時遅く帰らぬ愛猫となりました。

あ・・こんな話をしてすみません
まだ、あなた様の愛犬は亡くなってはいないのに・・・
どうか気を落とされませんように

今、人も動物もなぜこの世に生かされているかを考えるのが
私たちの今日であり、明日であるのでしょうね。
失礼しました。

2008/12/16 (Tue) 15:10 | EDIT | REPLY |   

tsukasa  

☆adieuさんへ

はじめまして、こんにちは。

コメント、ありがとうございます!

あれから病院に行き、今はなんとか両目があくようになりました。
けど、何も見えないみたいです。
外に抱っこして出してあげると、太陽の光を感じて眩しそうにします。
とても気持ちがいいみたいです。
太陽の光って大事だと、何かに書いてありましたが、本当だなって思いました。

うちのわんこは、生まれつき障害があるのと、癌になってしまって、もう何度も手術をしてます。
それでも、何度も元気になり今に至ります。
自分では動くことが出来ない体ですが、それでもなるべく長く生きてほしいと思います。

大事な家族なんですよね。

2008/12/17 (Wed) 12:31 | EDIT | REPLY |   

パイ〜ン  

こんばんは

tsukasaさん、ご無沙汰してすみません。
どれも素敵な写真、その中でもこの写真がとても気になって覗いてみました。

ワンちゃん、大切な家族ですよね、お気持ちとてもわかります。
私も1匹の犬と1匹の猫を看取った経験がありますが、少しでも長く生きてほしいと願っていました。

動物はどんな時もあきらめないそうです。
だから寄り添って幸せを与えてあげたいですね。
弱っていく子を見ているのはとても辛いですけれど、素敵な時間をたくさん持てるといいですね。
笑顔でいてくださいね、tsukasaさん。
ワンコ達は家族が喜ぶ顔を見るのが一番好きだから。

2008/12/17 (Wed) 20:57 | EDIT | REPLY |   

tsukasa  

☆パイ~ンさんへ

こんにちは。

今のところ、元気?に復活してます。
ただ床に置くと、ギャーギャー泣いて、抱っこすると安心して寝ちゃう、そんな赤ちゃんの状態ですが。
でも、抱っこすると泣きやんで、安心して眠る、その様子がほんとに赤ちゃんみたいで、癒されます。
優しい気持ちになれるんです。
なので、出来るだけ一緒にいられる時間を作りたいと思います。

2008/12/18 (Thu) 12:08 | EDIT | REPLY |   

Post a comment