The truth of a heart

ARCHIVE PAGE

儚い

それがいけないとわかっていてもその先が見えないとわかっていても儚いひと時のために心を投げ出してしまうのは私が弱いからか...

トラウマ

遠い過去のことで今も傷ついている...

すれ違い

わたしの想いときみの想いは大きくずれてて期待することは間違っているんだと知った...

あなたの腕

そもそもそれはないものだったたまたまタイミングよく現れただけであなたの腕は幻のようなものだった幻に期待しても還ってくるものは何もないのに...

錯覚

この気持ちは「恋」なのか寂しいだけの「錯覚」なのかただ好きだって思いは永遠じゃないということは知っている...

距離

「君が離れていく」と彼は言った...

夢現

あの日のことは夢だったのではないかそんな風に思えてしまうほど遠い過去のこと...

エンドレス

ループから抜け出せないそうじゃないと思いたいのにネガティブのループから抜け出せない...